生理痛でおこる肌トラブル



ヒップケア研究所!比較ラボ
美尻になるお得な情報を集めました!



生理痛でおこる肌トラブル

生理痛でおこる肌トラブルは、生理痛に対するストレスが原因で起きることが多いようです。排卵日から生理にかけては、女性の体内では卵胞ホルモンに代わって黄体ホルモンが主力となります。黄体ホルモンは男性ホルモンとよく似た働きをしているため、排卵日から生理にかけてはニキビもできやすくなってしまうわけですが、生理が始まると再び卵胞ホルモンが主力になるので、ホルモンバランスが原因のニキビは回復してくれるはず。しかし、生理によって生理痛が起きたり、生理の不快感によって気分が晴れ晴れしない女子は少なくありません。

生理痛も、そんな生理トラブルの一つです。生理痛には個人差があり、まったく痛みを感じない人もいれば、外出できないほど気分が悪くなってしまう人もいます。そうした生理痛が自分で気が付かないうちに精神的なストレスとなり、それがニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうわけです。

生理痛でおこる肌トラブルでも、生理が始まる前に肌トラブルを起こしやすい人は、生理とともにトラブルも改善されていくことが多いでしょう。しかし、生理痛でおこる肌トラブルが、生理が終わっても続いたり悪化してしまう人、生理が始まる前には肌トラブルがないのに生理とともにトラブルもやってくる人などは、生理痛の精神的ストレスを和らげるために、痛み止めを飲んで対処すると良いでしょう。痛みを感じなければ気分も晴れ晴れしますし、月に生理痛で苦しむのはおそらく1日か2日程度なので、痛み止めを飲むことによる健康被害の心配も必要ないのではないでしょうか。