ニキビ跡のメカニズム



ヒップケア研究所!比較ラボ
美尻になるお得な情報を集めました!



ニキビ跡のメカニズム

ニキビが炎症を起こすと、炎症は肌の内側に向かってどんどん進行してしまいます。ニキビの炎症を引きおこしているのはアクネ菌と呼ばれる細菌ですが、ニキビができている毛穴だけではなく、周辺の組織にも炎症が広がってしまい、肌の深いところまで炎症が広がってしまいます。ニキビの炎症によってダメージを受けた肌は、その部分の細胞が破壊されてしまいますが、肌の内側の真皮層の細胞まで炎症が到達し、真皮層の細胞が破壊されてしまうと、その部分では新しい肌細胞が作られなくなってしまいます。

それが、ニキビ跡のメカニズムです。赤ニキビとか黄ニキビのように、ニキビがかなり進行して炎症が深い部分にまで到達してしまうと、真皮層が破壊されてしまうため、かなり高い確率でニキビ跡が残ります。ニキビ跡のメカニズムでは、肌の内側が赤くなってしまう色素沈着タイプと、肌の表面が凹凸になってしまうクレータータイプがありますが、どちらのニキビ跡も起きる可能性が高くなってしまいます。

ニキビができることは仕方ないとしても、ニキビ跡のメカニズムを理解して、跡を残さないようにスピーディにケアをすることは、ニキビ肌の人が共通して抱えている深刻な課題。毎日きちんと睡眠時間を確保し、うっかり紫外線を浴びて日焼けしてしまうのを避け、毎日の洗顔では新しいニキビを作らないように徹底した洗顔をするなど、普段の生活の中で常にニキビケアを心がけることが、ニキビ跡を作らないことにもつながります。